≫ 内部学生のページ

駒場生の皆さん、物理工学科へぜひお越しください。

駒場生の皆さん、物理工学科へぜひお越しください。

  • 2017年度 進学ガイダンスブックダウンロードはこちら
  • Pick UP!!
  •  
  • お知らせ
  • 談話会・セミナー
  • 五月祭学科企画 工学博覧会 [5/20(土)・5/21(日)]
    2017.04.20
  •  
  • 応用物理系(物理工学科・計数工学科)の学生有志が「工学博覧会」と題した五月祭企画展示を行います。物理・数学の知識や技術を使った様々な実験展示や盛りだくさんな企画を用意してお待ちしております。

    日時:平成29年5月20日(土)・5月21日(日) 両日とも9:00-17:00
    場所:本郷キャンパス 工学部6号館2F・3F
    展示概要:
    物理・数学の勉強や研究をして何が面白いのだろう、何の役に立つのだろう…。工学博覧会にはそんな皆さんの疑問に応えるべく、「物理・数学の面白さ、応用物理系の魅力を大人にも子供にもわかりやすく伝える」ことを目標にした実験・展示など企画が目白押し!
    この企画を見終わった頃には、物理・数学の面白さや私たちの学科が何をやっているかを色々な角度から実感していただけたら嬉しい限りです。
    今年の工学博覧会では過去最大規模の展示に加え「出張企画~君も一日応物生!~」と題した初の参加型のイベントを実施します。
    「物理・数学や学科について色々な角度から深く知りたい」という方、必見です。あっと驚く演示実験、作って楽しみながら学べる工作教室、応物の今を学生・教授の生の声で見つめる座談会、応物の面白さを実感できる学科学生による講演。
    皆さんにいわば「一日応物生」になっていただき、見て、聞いて、触って…。応物をあますところなく知ることができる企画展示です。
    参加型企画につきましては各テーマ開催時間が決まっており、また一部企画について事前予約が必要ですのでウェブサイトをご確認ください。また、このウェブサイトやTwitterにて当企画の魅力をさらに詳しくお伝えしているのでぜひご覧下さい。
    Website: http://ap-phys.net
    Twitter: @apmayfes
    応用物理系(物理工学科・計数工学科)学生有志

  • 第3回 物理工学科教室談話会(講師:Peter Stano准教授)(物理物工合同談話会)
    2017.04.21
  •  
  • 日時:2017年5月16日,23日,30日 17:00 -18:30
    場所:工学部6号館3階325号室(物工会議室)
    講師:Peter Stano准教授
    所属:Quantum System Theory Research Team Center for Emergent Matter Science, RIKEN, Wako-shi
    題目:Quantum information hardware with semiconductors
    概要:
    I introduce theory of quantum information hardware based on semiconductors: ways to represent,store and manipulate quantum information bits. I focus on qubits based on the spin of confined electrons, and the newly discovered topological qubits. The research covers a range of topics of modern condensed matter physics, related to semiconductors, superconductors, spin-orbit interactions, quantum decoherence, Majorana fermions, and many more. I give a flavor on several analytical, numerical, and statistical methods used.

    Day 1 topics: Research introduction. What is a quantum bit (qubit), quantum algorithm, and quantum computer, and why it has not been built yet. Quantum error correction. Qubit requirements and candidates.

    Day 2 topics: Spin qubits in quantum dots. How they are initialized, manipulated and measured and why they decohere. Topological qubits.

    Day 3 topics: Numerical and statistical methods. Statistical description of data. Bayes methods and model selection. Monte-Carlo implementations. Meta-models, machine learning, and artificial intelligence.

お知らせ
  • 五月祭学科企画 工学博覧会 [5/20(土)・5/21(日)]
    2017.04.20
  •  
  • 応用物理系(物理工学科・計数工学科)の学生有志が「工学博覧会」と題した五月祭企画展示を行います。物理・数学の知識や技術を使った様々な実験展示や盛りだくさんな企画を用意してお待ちしております。

    日時:平成29年5月20日(土)・5月21日(日) 両日とも9:00-17:00
    場所:本郷キャンパス 工学部6号館2F・3F
    展示概要:
    物理・数学の勉強や研究をして何が面白いのだろう、何の役に立つのだろう…。工学博覧会にはそんな皆さんの疑問に応えるべく、「物理・数学の面白さ、応用物理系の魅力を大人にも子供にもわかりやすく伝える」ことを目標にした実験・展示など企画が目白押し!
    この企画を見終わった頃には、物理・数学の面白さや私たちの学科が何をやっているかを色々な角度から実感していただけたら嬉しい限りです。
    今年の工学博覧会では過去最大規模の展示に加え「出張企画~君も一日応物生!~」と題した初の参加型のイベントを実施します。
    「物理・数学や学科について色々な角度から深く知りたい」という方、必見です。あっと驚く演示実験、作って楽しみながら学べる工作教室、応物の今を学生・教授の生の声で見つめる座談会、応物の面白さを実感できる学科学生による講演。
    皆さんにいわば「一日応物生」になっていただき、見て、聞いて、触って…。応物をあますところなく知ることができる企画展示です。
    参加型企画につきましては各テーマ開催時間が決まっており、また一部企画について事前予約が必要ですのでウェブサイトをご確認ください。また、このウェブサイトやTwitterにて当企画の魅力をさらに詳しくお伝えしているのでぜひご覧下さい。
    Website: http://ap-phys.net
    Twitter: @apmayfes
    応用物理系(物理工学科・計数工学科)学生有志

  • 【教養学部生対象】物理工学科・計数工学科 進学選択ガイダンス[5/18(木)]
    2017.04.15
  •  
  • 来年度進学予定者に対するガイダンスを下記の通り行います 。
    物理工学科に興味のある教養学部生の皆さんは、是非ご参加ください。

    日 時: 平成29年5月18日(木)18:45-20:15
    場 所: 駒場キャンパス 1313教室

もっと詳しく

談話会・セミナー
  • 第3回 物理工学科教室談話会(講師:Peter Stano准教授)(物理物工合同談話会)
    2017.04.21
  •  
  • 日時:2017年5月16日,23日,30日 17:00 -18:30
    場所:工学部6号館3階325号室(物工会議室)
    講師:Peter Stano准教授
    所属:Quantum System Theory Research Team Center for Emergent Matter Science, RIKEN, Wako-shi
    題目:Quantum information hardware with semiconductors
    概要:
    I introduce theory of quantum information hardware based on semiconductors: ways to represent,store and manipulate quantum information bits. I focus on qubits based on the spin of confined electrons, and the newly discovered topological qubits. The research covers a range of topics of modern condensed matter physics, related to semiconductors, superconductors, spin-orbit interactions, quantum decoherence, Majorana fermions, and many more. I give a flavor on several analytical, numerical, and statistical methods used.

    Day 1 topics: Research introduction. What is a quantum bit (qubit), quantum algorithm, and quantum computer, and why it has not been built yet. Quantum error correction. Qubit requirements and candidates.

    Day 2 topics: Spin qubits in quantum dots. How they are initialized, manipulated and measured and why they decohere. Topological qubits.

    Day 3 topics: Numerical and statistical methods. Statistical description of data. Bayes methods and model selection. Monte-Carlo implementations. Meta-models, machine learning, and artificial intelligence.

  • もっと詳しく
  • 第2回 物理工学科教室談話会(講師:Prof. Dr. Atac Imamoglu氏)
    2017.04.18
  •  
  • 日時:平成29年4月20日(木)10:00~11:30
    場所:工学部6号館1階103号室(大会議室)
    講師:Prof. Dr. Atac Imamoglu
    所属:ETH Zurich
    題目:Polaritons in two dimensional systems
    Abstract:
    Cavity-polaritons have emerged as an exciting platform for studying interacting bosons in a driven-dissipative setting. Typically, the experimental realization of exciton-polaritons is based on undoped GaAs quantum wells (QW) embedded in between two monolithic distributed Bragg reflector (DBR) layers. Introduction of a degenerate electron gas either to the QW hosting the excitons or aneighboring layer substantially enriches the physics due to polariton-electron coupling. It has been proposed that such an interacting Bose-Fermi mixture can be used to study polariton-mediated superconductivity in a two dimensional electron gas.

    Transition metal dichalcogenide (TMD) monolayers, such as molybdenum diselenide (MoSe2), represent a new class of valley semiconductors exhibiting novel features such as strong Coulomb interactions, finite exciton Berry curvature with novel optical signatures and locking of spin and valley degrees of freedom due to large spin-orbit coupling. In contrast to quantum wells or two-dimensional electron systems in III-V semiconductors, TMD monolayers exhibit an ultra-large exciton binding energy of order 500 meV and strong trion peaks in photoluminescence that are red-shifted from the exciton line by 30 meV. In this talk, I will present cavity spectroscopy of gate-tunable monolayer MoSe2 exhibiting strongly bound exciton-polaron and trion resonances, as well as non-perturbative coupling to a single microcavity. Our findings constitute a first step in investigation of a new class of degenerate Bose-Fermi mixtures consisting of polaritons and electrons.

    紹介教員:樽茶 清悟 教授(物理工学専攻)、中村 泰信 教授(物理工学専攻)

  • もっと詳しく

もっと詳しく