≫ 内部学生のページ

駒場生の皆さん、物理工学科へぜひお越しください。

駒場生の皆さん、物理工学科へぜひお越しください。

  • 2017年度 進学ガイダンスブックダウンロードはこちら
  • Pick UP!!
  • 物工Youtubeチャンネル
  •  
  • お知らせ
  • 談話会・セミナー
  • 【教養学部生対象】物理工学科見学会のお知らせ[12/16(土)]
    2017.10.19
  •  
  • 教養学部生を対象とした物理工学科見学会を開催しますので、興味のある方は是非ご参加下さい。事前申し込みは不要です。

    日時:平成29年12月16日(土)14:00-16:15
    集合場所:本郷キャンパス工学部6号館1階大会議室
    プログラム:
    14:00-14:15 学科紹介(学科長 小芦雅斗教授)
    14:15-15:15 研究室見学
    石坂研究室 – 光で拓く物質科学 –
    石渡研究室 – 極限環境を利用した強相関物質の開拓 –
    千葉研究室 – 磁性の電気的な制御 –
    15:15-16:15 先輩学生との懇親会
    (10名程度の大学院生が参加予定)

  • 第10回 物理工学科教室談話会(講師:Ying-Hao Chu 氏)
    2017.10.18
  •  
  • 日時:11月10日(金)14:30~15:30
    場所:工学部8号館314A号室
    講師:Ying-Hao Chu 氏
    所属:National Chiao Tung University(国立交通大学)
    題目:van der Waals Oxide Heteroepitaxy
    概要:
    The research field of oxide heteroepitaxy suffers from the characteristics of misfit strain and substrate clamping, hampering the optimization of performance and the gain of fundamental understanding of oxide systems. Recently, there are demonstrations on functional oxides epitaxially fabricated on layered muscovite substrate. In these heterostructures, due to the weak interaction between substrate and film, they show the lattice of films close to bulk with excellent strictive properties, suggesting that these critical problems can be potentially solved
    by van der Waals oxide heteroepitaxy. In addition, by exploiting the transparent and flexible features of muscovite, such a heteroepitaxy can deliver new material solutions to transparent
    soft technology. In this paper, the history, development, and current status of van der Waals oxide heteroepitaxy are addressed and discussed. In the end, new research directions in terms
    of fundamental study and practical application are proposed to highlight the importance of this research field.

    紹介教員:川﨑雅司教授、小塚裕介講師

お知らせ
  • 【教養学部生対象】物理工学科見学会のお知らせ[12/16(土)]
    2017.10.19
  •  
  • 教養学部生を対象とした物理工学科見学会を開催しますので、興味のある方は是非ご参加下さい。事前申し込みは不要です。

    日時:平成29年12月16日(土)14:00-16:15
    集合場所:本郷キャンパス工学部6号館1階大会議室
    プログラム:
    14:00-14:15 学科紹介(学科長 小芦雅斗教授)
    14:15-15:15 研究室見学
    石坂研究室 – 光で拓く物質科学 –
    石渡研究室 – 極限環境を利用した強相関物質の開拓 –
    千葉研究室 – 磁性の電気的な制御 –
    15:15-16:15 先輩学生との懇親会
    (10名程度の大学院生が参加予定)

  • 山本倫久特任准教授 第19回サー・マーティン・ウッド賞 受賞
    2017.10.11
  •  
  • 山本倫久特任准教授が「第19回サー・マーティン・ウッド賞」受賞者として選ばれました。受賞研究題目は「半導体ナノ構造における量子位相の検出と制御」です。本賞は、日本の研究機関において凝縮系科学(固体物理学、無機・有機固体化学、材料科学、表面物理など)において優れた業績を挙げた40歳以下の若手研究者に贈られます。受賞者には、賞状、賞金の他、英国のいくつかの大学への講演旅行の機会が与えられます。授賞式は11月10日に英国大使館にて行われる予定です。
    ・サー・マーティン・ウッド賞について

もっと詳しく

談話会・セミナー
  • 第10回 物理工学科教室談話会(講師:Ying-Hao Chu 氏)
    2017.10.18
  •  
  • 日時:11月10日(金)14:30~15:30
    場所:工学部8号館314A号室
    講師:Ying-Hao Chu 氏
    所属:National Chiao Tung University(国立交通大学)
    題目:van der Waals Oxide Heteroepitaxy
    概要:
    The research field of oxide heteroepitaxy suffers from the characteristics of misfit strain and substrate clamping, hampering the optimization of performance and the gain of fundamental understanding of oxide systems. Recently, there are demonstrations on functional oxides epitaxially fabricated on layered muscovite substrate. In these heterostructures, due to the weak interaction between substrate and film, they show the lattice of films close to bulk with excellent strictive properties, suggesting that these critical problems can be potentially solved
    by van der Waals oxide heteroepitaxy. In addition, by exploiting the transparent and flexible features of muscovite, such a heteroepitaxy can deliver new material solutions to transparent
    soft technology. In this paper, the history, development, and current status of van der Waals oxide heteroepitaxy are addressed and discussed. In the end, new research directions in terms
    of fundamental study and practical application are proposed to highlight the importance of this research field.

    紹介教員:川﨑雅司教授、小塚裕介講師

  • もっと詳しく
  • 第9回 物理工学科教室談話会(講師:Dr. Evelyne LAMPIN, Prof. Dr. Carlo Massobrio)
    2017.10.06
  •  
  • 日時:2017年10月23日(月) ①10:00-11:30 ②11:30-12:30
    場所:工学部6 号館3 階 368 (セミナー室B)


    講師:Prof. Dr. Carlo Massobrio
    所属:Institut de Physique et Chimie des Materiaux de Strasbourg, France
    題目:First-principles molecular dynamics of glassy structures


    講師:Dr. Evelyne LAMPIN
    所属:CNRS Researcher, IEMN, Lille, France
    題目:
    Thermal conductivity calculations from classical and
    first-principles molecular dynamics via the “approach-to-equilibrium” methodology

    紹介教員: 押山 淳 教授(物理工学専攻)

  • もっと詳しく

もっと詳しく