NEWS
受賞・プレスリリース

石坂香子教授 第18回(2021年度)日本学術振興会賞 受賞

量子相エレクトロニクス研究センター・物理工学専攻の石坂香子教授が第18回(2021年度)日本学術振興会賞を受賞しました。授賞の対象となった研究業績は、「光電子分光を用いた物質の多次元計測と非平衡状態の研究」です。
日本学術振興会賞は、創造性に富み優れた研究能力を有する若手研究者を見い出し、早い段階から顕彰することで、その研究意欲を高め、研究の発展を支援することにより、我が国の学術研究の水準を世界のトップレベルにおいて発展させることを目的とするものです。令和4年2月3日に日本学士院において授賞式が行われる予定です。

第18回⽇本学術振興会賞受賞者一覧
第18回⽇本学術振興会賞受賞者略歴及び授賞理由