東京大学工学部物理工学科・大学院工学系研究科物理工学専攻

menu

受賞・プレスリリース

十倉好紀卓越教授 フンボルト賞 受賞

物理工学専攻の十倉好紀卓越教授がフンボルト賞(Humboldt Research Award)を受賞しました。フンボルト賞は、ドイツのアレクサンダー・フォン・フンボルト財団が創設した国際学術賞で、各分野において後世に残る重要な業績を挙げ、今後も学問の最先端で活躍すると期待される国際的に著名な研究者に対して授与されるものです。
十倉卓越教授は、長年にわたり、強相関電子系の幅広い分野において新物質と新現象の発見によって新しい研究分野を開拓してきました。代表的な例は、「十倉ルール」と呼ばれる銅酸化物高温超伝導体の物質設計指針の提唱、電子型銅酸化物高温超伝導体の発見、マンガン酸化物における超巨大磁気抵抗効果の発見と臨界競合状態の外場制御による巨大応答発現の解明、磁気秩序によって強誘電分極が生じるマルチフェロイック物質の発見と電場による磁化制御・磁場による分極制御、非共面的スピン構造やトポロジカルなバンド構造を有する強磁性体中でのトポロジカル輸送現象の開拓などです。この他にも、キャリア数制御・バンド幅制御の金属絶縁体転移、新しい有機強誘電体の開拓、スキルミオンの実空間観測など、枚挙に暇がありません。

・アレキサンダー・フォン・フンボルト財団 HP