内部学生向け(物工教務室)

進学ガイダンスブック

内部学生のページ

物理工学輪講第二

[注意事項]
輪講第二の「題目」・「要旨」は発表の1週間前までにoffice[at]ap.t.u-tokyo.ac.jpあてに送付して下さい。

        
2017年6月6日(火)14:55~16:55
Aグループ 62号講義室(2階262号室)
司会: 吉岡 孝高 准教授
Bグループ セミナー室C(3階372号室)
司会: 藤岡 淳 講師
発表者名: 井上 富喜
指導教員名: 杉本 宜昭 准教授
発表題目: AFMによる個々の分子の電荷状態の計測と制御
要旨:  単一の分子を素子として使用する事は分子エレクトロニクスの主要な目標の一つであるが、そのためには原子スケールでの計測と制御が不可欠となる。
原子間力顕微鏡(AFM)とは原子間に働く微小な力を検出する顕微鏡であり、物質の表面の個々の原子・分子を画像化するだけでなく、それらの状態を操作する事も可能である。
本発表ではAFMを用いて電子一個の精度でペンタセン分子の電荷状態を計測し制御した実験について紹介する。
発表者名: 小野瀬 雅穂
指導教員名: 石渡 晋太郎 准教授
発表題目: ペロブスカイト型異常高原子価遷移金属酸化物における特異な磁気物性
要旨: 遷移金属酸化物では、磁性イオンのスピン間に働く相互作用として様々なメカニズムが考えられている。その例として、酸素イオンを挟んだ2つの磁性イオン間に働く超交換相互作用や、遍歴電子のホッピングを介して局在スピンの向きが強磁性的に揃う二重交換相互作用が挙げられる。本発表では、異常高原子価遷移金属酸化物であるSr3Fe2O7において、これら2つの相互作用が競合した結果らせん磁性が発現することを示した論文を紹介する。

発表者名: 尾谷 卓史
指導教員名: 杉本 宜昭 准教授
発表題目: STMを用いた量子ドットの作製および測定
要旨:  再現性の高い量子ドットの作製技術は量子コンピューティングなどの量子情報技術の発展において極めて重要である。
走査トンネル顕微鏡(STM)を用いることにより、原子数個が規則正しく配列した量子ドットを再現性よく作製することが可能である。
今回の発表では、InAs表面上のIn原子からなる量子ドットを複数配列することにより量子ドット分子を作製し、それぞれの分子の電子状態を走査トンネル分光によって測定した結果を示す。
発表者名: 木谷 有輝
指導教員名: 石渡 晋太郎 准教授
発表題目: 熱電変換材料としてのジントル化合物の研究
要旨:  熱から電気に変換する熱電変換は環境に優しい発電方法として注目されている。そんな熱電変換においてその変換効率の向上が大きな課題として取り組まれている。今回は主にジントル化合物という熱電変換材料に着目しキャリア濃度等のパラメータからどのような機構で変換効率に影響を与えるのかをまとめたものとなっている。

発表者名: 山田 詩乃
指導教員名: 長谷川 達生 教授
発表題目: 液晶性有機半導体薄膜の構造とトランジスタ特性
要旨:  有機トランジスタの移動度はこの25年で3-4桁の向上を見せ、印刷プロセスでフレキシブルな電子デバイスを作製できるという利点をもつことから、有機ELディスプレーをはじめとするデバイスへの応用の期待が高まっている。さらに近年、液晶性有機半導体についてその結晶構造が明らかにされてきたことにより、構造変化が溶媒溶解性やキャリア輸送特性に与える影響がわかってきた。本発表では、液晶性有機半導体に注目した先行研究を紹介し、アルキル鎖修飾や熱処理により生まれる結晶構造の違いとそれによる有機トランジスタの特性変化について説明する。

発表者名: 高橋 香南子
指導教員名: 石渡 晋太郎 准教授
発表題目: 擬1次元銅酸化物の磁性と超伝導
要旨:  種々ある遷移金属酸化物において、最も高い転移温度を持つ高温超伝導を実現しているのが銅酸化物である。その物性の鍵を握るのは2次元CuO2面である。ノンドープ状態でMott絶縁体となるが、ここに正孔をドープすることで超伝導を示す。一方、梯子型構造を持つ擬1次元Cu2O3格子においても超伝導が実現する。梯子型銅酸化物の超伝導を高圧下で観察した論文について紹介する。

 
 

↑ ページトップ