お知らせ

土井 正男 教授 紫綬褒章 受章
2010.04.28

2010年春の褒章で、当専攻の土井正男教授が紫綬褒章を受章しました。
土井教授は、高分子液体と液晶の示す複雑なレオロジー的性質を、分子構造に基づいて説明する最初の理論を作り、分子レオロジーという研究の流れを作りまし た。この研究を骨子として、高分子ダイナミクスに関する著作を著し世界の研究者に影響を与えました。さらに、高分子材料開発のための多階層のシミュレー ションシステムを開発し、世界に向けて一般公開しました。これらの学術研究業績に加え、永年にわたり物理学の教育、人材育成に注力するとともに、学術審議 会専門委員や学術会議連携会員など数々の委員を務め、科学技術の発展と産業応用に貢献してきたことが評価され、今回の受章となりました。

 

お知らせトップに戻る