お知らせ

十倉 好紀 教授 ウプサラ大学より名誉博士号を授与
2013.12.05

平成25年10月16日に、十倉好紀教授が、Uppsala University理工学部の名誉博士号を授与されることが発表されました。
十倉教授は、過去30年間での論文被引用回数が最も多い物理学者の一人であり、高温超伝導や強相関電子に代表される物理・化学・物性物理学分野の発展に大きく貢献したことが評価されました。
授与式は平成26年1月24日に行われる予定です。

<関連リンク>
Uppsala University
名誉博士号受賞者プレスリリース

お知らせトップに戻る