物工生の一週間

Pick up!!

物理工学科はこんなところ

沙川准教授からのメッセージ

物工生の一週間

3年生座談会

先輩たちの研究活動

卒業生からのメッセージ

研究紹介

カリキュラム

駒場での講義

卒業生の進路

大学院の紹介

物理工学科の歴史

進学ガイダンスブック

内部学生のページ

< 夏学期 >

【月曜日】
優雅な朝を過ごし、2限の電磁気学第二を受ける。岡本先生は板書の嵐だが、これを耐えうることで電磁気のさらなる道が開けてくる。3限の実験の基礎第一、実験なのに座学なのかと侮るなかれ。実験で必要だから学ぶのである。そして意外に目良先生のプリントは非常にわかりやすく、それ以降でも役に立つ代物である。講義後は毎週飲食店でのバイトに向かう。終電まで頑張っていた。

 

【火曜日】
この1限統計力学が非常に大事な講義になってくることはいずれわかるであろう。なんせ小芦先生のプリントの情報量は半端ではない。すべて理解することは並大抵のことではないが、本気で深遠な物理に触れたいものならば必須な講義であると思っている。
2限の量子力学の有田先生は、とても気さくな方で毎回冗談や教授の方々内部のお話をしてくださり話題が絶えない。もちろん講義の内容も充実していて本気で取り組むに値する内容である。
その後に続くのが、固体物理演習。意外と固体物理の演習は学部生活あわせてもこれしかありません。しっかり理解するためにもちゃんと勉強した。

 

【水曜日】
2限の数学2は8号館での授業であり、電気系の学科も合わせての授業である。複素関数はどの分野においてもとても重要な手法であり、かつ今までわからなかった負を真数としたlogなど数の深みを知ることができる。
そしてなんと言おうと、この後の実験は避けて通れない。根性を見せるところである、工学部に着た意味はここにあると思っている。電気回路を一から作ったりと充実したラインナップだ。

 

【木曜日】
2限の制御論は計数との合同講義で、計数科目とは言えどこれを受けないと実験で全く分からないものが出てくるほど重要。計数との交流も含めて計数科目も自分は積極的に受講した。
この後は水曜日と同じ実験と演習の隔週授業。演習では実際的な問題を解いていくので院試にも役立つこと間違いない。
放課後は駒場に移動し、部活動に励む。

 

【金曜日】
1限は工学部モノづくりプロジェクトの理科の授業を中学生に教えるゼミに参加。早朝からmtgをかさね模擬授業なども行う。
2限の固体物理は個人的に一番物理の実感を得られる講義であった。量子力学や電磁気学が実際の現象に結びつかれているのが、固体物理なのである。期待して損はないと思う。
この後の4限には輪講が待ち構えている。英語の論文をグループで読み進めるわけだが、進度は先生によってまちまち。必修では英語の授業は皆無なため英語に触れる貴重な機会である。私は有意義に活用した。

 

【土曜日】
駒場での部活に励む。午後はレポートに作成。

 

【日曜日】
羽を休めるいい機会。レポートのことは忘れ、友達と集まる。

 

< 冬学期 >

【月曜日】
実験の一日。研究室に訪問して行う実験は、本格的な装置を使って行えるに加え、この先の実験室配属に備え情報や雰囲気を感じ取ることができる絶好の機会である。私はアドバイザ-の助教さんや院生の方に数多くの質問をした。また、柏キャンパスに夜の9時までいたこともある、それが耐えられるか否かが今後の研究者人生を決めるのだと、自分に言い聞かせなんとか乗り越えたのである。

 

【火曜日】
実験の疲れを携えて、2限の固体物理第2を受ける。夏学期のさらに広範囲の分野を学ぶため範囲がとても広い。だが有馬先生はまるで仏のような方で、自分の質問に昼休み全てを費やし、付き合ってくれたこともある。どんどん質問した方がいい。
量子情報は今はやりの量子テレポーテーションを学べるとだけあって、とても楽しみであった。
その後は、唯一の英語の授業工学部モノづくりプロジェクトのSnowballs。いきなり留学生とディスカッションさせられてとても苦労したが、おせちパーティーを企画したりととても有意義な授業となった。

 

【水曜日】
1限は理学部の固体物理を受けた。先学期の復習になるかと思いきや、さすが理物、後半は固体物理第2に追いつきつつありちょうど良い進度となった。理物の雰囲気も味わえるのでお勧めである。2限は今田先生の統計力学第2、主に相転移の内容である。相転移の初歩からさまざまな近似モデルまで一気に触れることになる。最初は余裕だが、気づけばかなり進んでいるのでがんばって復習をした。3限の実験の基礎は次元解析、統計、物性テンソルなど本講義では習わないが、物理的に重要な概念を学べる大事な機会である。4限の生物物理は少しほかの講義とは一線を画し、生物色のあふれた講義でよい気分転換になった。とくにアクチンフィラメントによって筋肉がちぢむ原理はとても興味深く、御殿下でのトレーニングの際には常に意識している。

 

【木曜日】
1限は古澤先生、井上先生の光学である。ところでお気づきだろうが、私の1週間は火曜以外すべて1限が詰まっている。とても有意義な1週間である。さて、光学は電磁気学の実用化バージョンだ。計算式自体はそこまで複雑ではないが、レーザーなどで今まで考えなかったことまで考慮に入れたり、新しい概念が出てきたりするので、ついていくのが大変だった。また光学の実験でやったことが直接活きたり、逆に講義で習ったことを実験で使ったりと相補的な関係なのでとって損はない。2限は面倒見の良い押山先生の量子力学第2である。この科目が、圧倒的に範囲が広く進度が速い。というのも、この講義をもって学部レベルの量子力学を終わらせようとしているのだから。毎回の予習がかなり負担であったが、この学期での収穫はこの量子力学第2といってよい。進度が速いといっても押山先生の講義資料が完璧なのでそれで予習可能だ。34限が学部で最後の物理工学演習であり、毎回のレポートは非常に厳しいものがあったが、終わった時の達成感はひときわであった。
毎週この後は、御殿下でトレーニングを欠かさなかった。体は資本なので、勉学とともに体作りも忘れずに。

 

【金曜日】
さて、この日も1限はあるわけで、ナノ科学は物工のなかでは比較的工学部(モノづくり)色が強いといえる。ナノレベルでの加工技術などは日常生活に存分に生かされているわけで、とても興味深いモノだった。2限は休み、3限の数学3は曲面幾何の講義。いきなり理学色が濃くなるが、幾何なのでイメージはしやすく面白く取り組めた。要は曲面の曲がり方を求めたいというもので、概念自体は優しいが、その先にはゲージ理論や重力理論に結びつく深遠な数学が広がっている。この後も毎週御殿下で今度は水泳をしている。

 

【土曜日】
またここでも、御殿下でのトレーニング。3月までにベンチプレス100kgを上げるのが目標だ。

 

【日曜日】
たいていここでは翌日の実験の予習またはレポートにとにかく追われる。それが毎週続くわけだが、レポートを提出した後の達成感は筆舌に尽くしがたいものだ。

 

Pick up!!
物理工学科はこんなところ
研究紹介
物工生の一週間
3年生座談会
先輩たちの研究活動
卒業生からのメッセージ
カリキュラム
駒場生へ 沙川准教授からのメッセージ
駒場での講義
卒業生の進路
大学院の紹介
物理工学科の歴史
内部学生のページ

 
 

 

進学ガイダンスブック

↑ ページトップ