物工生の一週間

Pick up!!

物理工学科はこんなところ

沙川准教授からのメッセージ

物工生の一週間

3年生座談会

先輩たちの研究活動

卒業生からのメッセージ

研究紹介

カリキュラム

駒場での講義

卒業生の進路

大学院の紹介

物理工学科の歴史

進学ガイダンスブック

内部学生のページ

< 夏学期 >

【月曜日】
1空き 2電磁気学第二 3物理実験の基礎第一
月曜日は2コマだけで、1週間のウォーミングアップといった感じ。
電磁気は相対論も関わってくるようになりなかなか難しい。
実験基礎は今学期の実験での理論を実験テキストよりも詳しく学ぶ。実験の順番によってはもう終わった実験の内容を学ぶこともあるが、復習にもなって良い。
3限後は学科の友人と御殿下記念館(学内のジム)にトレーニングに行ったり、レポートをやったり、遊びに行ったり。

 

【火曜日】
1統計力学第一 2量子力学第二 3空き 4・5物理工学演習第一
1限は、先学期にかじった統計力学をより厳密に進めていく感じ。先生が配るプリントは詳しいが、話もきちんと聞いておかないとなかなかイメージがつかめない。
2限もぼーっとしていると全く知らない内容が進んでいることが多くて大変。先生が突然始める雑談は他の先生の裏話が聞けたりしてとてもおもしろい。板書が間に合っていないのに聞き入ってしまうことも・・・。
3限は空き。物工には控室が無いので、1階の図書室に行く人が多い。
演習は、講義をきちんと復習しておかないとただ板書を移す時間になって苦痛である。

 

【水曜日】
1空き 2数学2D 3~実験・演習 6工学倫理
数学は複素関数など。「留数定理」の便利さに感動。水曜の昼休みは生協でサンプリング(製品の無料配布)を行っていることが多いので昼休みが待ち遠しい。
午後からは週ごとに実験・演習が入れ替わり。実験の内容が難しいこともあって、実験レポートがとにかく大変。締め切り前日の夜にSNSを見ると、自分と同じように頑張る物工生がたくさんいる。はんだごてで回路を作る実験が楽しかった。

 

【木曜日】
1解析数理工学 2流体力学 3~実験・演習 6工学倫理
解析数理工学は計数の講義。ルベーグ積分というものを学ぶが、こういうものもあるんだな~といった感じである。
2限は理学部にお邪魔して流体力学。物工生もなかなか多い。学んでおいて損は無さそう。
午後は前日の続き。演習は、先生によって進め方が異なるが、解答者をあらかじめ決めておくタイプで発表者となったときはどうしても解いておかないといけないので、追い込まれるが力が付く。どうしてもわからない場合は先生に質問に行くとヒントをくれる。
水・木は6限に工学倫理がある(毎週出る必要は無い)。冗談交じりで話すときもあれば、論文の盗用などを話すときは真剣だったりと、なかなか興味深く身に染みる講義。

 

【金曜日】
1信号処理論第一 2固体物理第一 3数学2D(演習) 4・5輪講 6特許法
金曜日はラストスパートといった感じ。
信号処理はスライドを用いた講義。先生は電車の遅れなどが発生しても大丈夫なように講義の1時間以上前に学校にいるらしい。
固体物理は、物工ならではといった感じ。結晶内の電子の振る舞いなど、慣れるまでは難しいが一度理解するとなかなか興味深い分野である。
3限は計数と一緒に演習。
4・5限は10人程度のグループに分かれて輪講をする。具体的には、担当教員が決めた英語の教科書の内容を、週ごとに担当者を決めて、自分たちで講義する。担当回は大変だったが、アットホームな感じで楽しかった。
6限は特許法。これからの技術者は特許に関する知識も重要そうだ。論文の発表の仕方にも関わってくるらしい。

 

【土曜日~日曜日】
レポートを進めたり、復習をしたり、自分は登山サークルに入っているので、山に登ったり。本郷周辺に住んでいる人が多いので、学科の友人宅に集まることも多い。

 

< 冬学期 >

【月曜日】
実験
この学期は、月曜日が一日中実験になる。
いくつかの研究室を回りながら、実験をやらせてもらう。まだまだ学生実験の域を出ないが、それでも先学期までの実験とは違った「研究室」という雰囲気にわくわくする。
必ず一度は柏キャンパスの実験室に行くことになる。柏は遠いけれど、一度は行ってみるべきである。キャンパス内にお寿司屋さんがあって500円で海鮮丼が食べられるゾ。柏キャンパスでの実験はレポートではなくプレゼンテーションで終わる。時間内に収めるのがなかなか難しい。

 

【火曜日】
1空き 2固体物理第二 3量子情報 4空き 5数理手法II
固体物理は先学期の続き。先生が出すレポート問題はなかなか考えがいがあって、友達との議論も進む。3年生での生活では、友人とレポートの話をすることがとにかく多かった。みんな同じことに取り組んでいるが考え方は様々で、楽しいし理解も深まる。
量子情報は初めて学ぶ分野で、量子コンピュータの発展が一般紙で取り上げられるほどのニュースになっていたこともあり、とても興味深かった。
数理手法は、流体力学について。

 

【水曜日】
1固体物理学I(理学部) 2統計力学第二 3物理実験の基礎第二
1限は理学部でまたまた固体物理学を学んだ。教え方が異なるのでまた違う角度から理解が進む。
統計力学は、相転移が主な内容になる。やっと現実の(身近な)系に適応できたという感じがする。
実験基礎は、誤差の取扱を始めとした実験の知識を幅広く学ぶ。卒業研究まであと少しである。
水曜日は3限で終わるので、学科の友人と御殿下に行くことが多かった。偶然教授を見つけると自分より重いウエイトでトレーニングしていることも……。

 

【木曜日】
1固体物理学I(理学部) 2統計力学第二 3物理実験の基礎第二
1限は理学部でまたまた固体物理学を学んだ。教え方が異なるのでまた違う角度から理解が進む。
統計力学は、相転移が主な内容になる。やっと現実の(身近な)系に適応できたという感じがする。
実験基礎は、誤差の取扱を始めとした実験の知識を幅広く学ぶ。卒業研究まであと少しである。
水曜日は3限で終わるので、学科の友人と御殿下に行くことが多かった。偶然教授を見つけると自分より重いウエイトでトレーニングしていることも……。

 

【金曜日】
1ナノ科学 2空き 3数学3 4数学演習
ナノ科学はナノスケールの技術などを概観する講義。このくらいになってくると機械なのに量子力学的な効果が現れたりする。先生の人望も厚く、ナノ科学に”ハマる”人も多かった。
数学と演習は幾何について。ガウスの驚愕の定理というとにかくすごいものが登場する。
その後は図書館に行って勉強しておくと次の週が楽になる。実際には週末だとついつい気が緩んでしまうが・・・。

 

Pick up!!
物理工学科はこんなところ
研究紹介
物工生の一週間
3年生座談会
先輩たちの研究活動
卒業生からのメッセージ
カリキュラム
駒場生へ 沙川准教授からのメッセージ
駒場での講義
卒業生の進路
大学院の紹介
物理工学科の歴史
内部学生のページ

 
 

 

進学ガイダンスブック

↑ ページトップ