物工生の一週間

物理工学科はこんなところ

沙川准教授からのメッセージ

物工生の一週間

3年生座談会

先輩たちの研究活動

卒業生からのメッセージ

研究紹介

カリキュラム

駒場での講義

卒業生の進路

大学院の紹介

物理工学科の歴史

進学ガイダンスブック

内部学生のページ

< 夏学期 >

【月曜日】
1限は回路学。内容は重要だと思うけど、いかんせん難しい……。今学期は断念して来年に再チャレンジすることにした。2限の電磁気学第二はdiv rot gradが暴れまわっている。数式を追うのは大変だけど、物理的な意味を理解したときの感動ときたらない。3限は物理実験の基礎第一。電磁気で疲れた頭が働いてくれない。4限は農学部で制御工学を。数学は計数の講義で鍛えられているから気が楽だ。学科の講義より、直感的な説明が多く、違った視点から理解できてよかった。講義の後は、何はともあれレポート。

 

【火曜日】
1限は統計力学第一。小芦先生の説明は美しくて幸せな気持ちになれる。2限は量子力学第二で、有田先生の雑談は絶対に滑らない。毎回爆笑が起きる。ただし、講義は板書に追いつくのが大変だ。3限は農学部で材料強度学。事故の調査をして発表する。材料系の講義は物工では見かけないのでとってみた。午後は演習で電磁気と固体物理学。自分で解いてみると理解していないことがよくわかって良い。3年夏学期は水・木と合わせて、演習レポートとの戦いが続く。

 

【水曜日】
一限の代数数理工学は数学だけど、定義を覚えないと話にならない。これも来学期再チャレンジしよう。2限は数学2D。複素解析はとても強力だからしっかり身につけなければ。午後は隔週で実験と演習。実験はだいたい17時には終わる。家に帰ってから考えるのは大変だから、TAさんを質問攻めにする。……これで終わりーと思いきや、6限に必修の倫理講演会がある。うーん、頭が痛い。話は興味深いけど、なんで0.5単位なんだ?講演会は他の学科の友達も一緒なので、晩御飯を一緒に食べるのが楽しみだ。

 

【木曜日】
一限は解析数理工学。測度論やルベーグ積分、関数解析の初歩をやる。松尾先生の独特の口調が大好きだ。説明もわかりやすい。2限は制御論第一。こちらは農学部より詳しく数学を勉強する。ラプラス変換が面白いほど活躍している。木曜の午後も実験と演習。演習のレポートが終わってないと、1限・2限・昼休みは生きた心地がしない。

 

【金曜日】
一限は信号処理論。眞渓先生はいかにも工学者っぽい数学の見方で、これまた面白い。二限は固体物理第一。序盤の結晶の話が難しかった。三限は数学2D演習。さすが理論の先生は良く理解しているなぁと感心する。自由に数学を扱っていて尊敬。四限はお楽しみの輪講だ。10人ほどのグループに分かれて、英語の教科書を読む。僕はQuantum paradoxesという本で量子論の理解を深めようとした。学科の講義では全然やらないマニアック物理も経験できて興味深かった。

 

【土曜日~日曜日】
毎朝1限だから、たまには豪快に寝る。土日の片方はレポートにあてる、さもなくば平日にゆっくり寝られない。友達と遊びにも行きたいし、物理もやりたい。もっと時間がたくさんあればいいのに!

 

< 冬学期 >

【月曜日】
月曜日は朝から一日実験。3週1セットで、本郷での学生実験・プログラミング演習・柏、本郷の研究室にお邪魔しての実験をする。柏の実験は、ほぼ自力で 実験計画から解析までやってみるというものだった。実験結果はちょっと大きなホールでプレゼンする。本郷と柏の研究室毎の実験はそれぞれテーマが違うから、友達に何をやったか聞くのが楽しみ。

 

【火曜日】
火曜は2限の固体物理第二から始まる。先学期の内容よりはるかに難しくて頭が痛い。それだけに、理解できたときの感動は大きい。身近な現象でもたくさん見られるから尚更だ。3限は量子情報。量子情報系の研究室を希望しているので、気合が入る。いよいよ来学期は研究室に配属されると思うとわくわくする。

 

【水曜日】
統計物理第二は、相転移や非平衡の勉強だ。搖動散逸定理・自発的対称性の破れなど、出てくる用語がいちいちカッコイイ。物理実験の基礎第二。次元解析や誤差、対称性などを勉強する。地味だけど強力な方法だった。4限の生物物理は、一週間で一番楽しみにしていた。生物はかじったこともなかったけど、物理的なアプローチから説明され、感動的。とても面白い。生物物理の研究室も面白そうだなぁ。明日はレポートの提出。頑張って完成させなければ。

 

【木曜日】
1限は光学。レポートに苦戦したときは、皆で「光の闇」などと言って面白がっていた。2限の量子力学第三では、ついに反粒子が登場。ついにここまでたどり着いたかと、感慨深い。午後は演習。先学期ほどの量はないから、まだ気楽。ただ、内容は先学期よりはるかに難しくなっている。

 

【金曜日】
1限は中村先生のナノ科学。量子効果がどんどんあらわれ、興味深い。自分の量子力学の理解はまだまだ甘かったと思い知る。二限は理学部物理学科の統計物理第二の聴講に行った。ダンディーな声で格調高い講義だ。いかにも理物という感じがする。三限は数学3。4限は続けて演習。やっぱり理論の先生は数学をよく理解しているんだなぁ。

 

【土曜日~日曜日】
今学期も、土日のどちらか一日はレポートの日。図書館で似た問題をひたすら探す。五月祭の準備も始めた。自分で実験してみるのはとても面白い。実際にやってみるとなかなかうまく行かないものだ。

 

 
 

物理工学科はこんなところ
研究紹介
物工生の一週間
3年生座談会
先輩たちの研究活動
卒業生からのメッセージ
カリキュラム
駒場生へ 沙川准教授からのメッセージ
駒場での講義
卒業生の進路
大学院の紹介
物理工学科の歴史

 

進学ガイダンスブック

 

内部学生のページ

↑ ページトップ