卒業生からのメッセージ

Pick up!!

物理工学科はこんなところ

沙川准教授からのメッセージ

物工生の一週間

3年生座談会

先輩たちの研究活動

卒業生からのメッセージ

研究紹介

カリキュラム

駒場での講義

卒業生の進路

大学院の紹介

物理工学科の歴史

進学ガイダンスブック

内部学生のページ

菊竹 航

[ 大学院工学系研究科物理工学専攻 修士課程2年 ]

学生目線で見た物理工学科の特徴

物理工学科の特徴は、豊富なカリキュラム、最先端の研究テーマ、強力な人材サポートです。物理工学科では、物理を基礎にしながら、応用的なテーマを扱うため、非常に広範な分野を学ぶ必要があります。例を挙げると、基礎的な側面では、電磁気学、量子力学、統計力学、固体物理学、流体力学等、応用的な側面では、回路学、測定論、応用数学、最先端の研究テーマのイントロダクション等を学びます。また、これらの座学をベースにして、実験実習や演習もあります。こういった綿密で濃いカリキュラムと、一線級の先生方が一緒になって、学生を強力にサポートして行きます。

 

この様に鍛え上げられた学生は、4年生の卒業研究が始まると、早くも世界レベルに飛び出していきます。これは物理工学科の最大の特徴で、4年生や、修士の学生の内から、NatureやScienceといった一流科学誌に名前が載る事は毎年の事です。本物の研究は、それまでの濃密なカリキュラム以上にハードワークですが、多くの人にとって、初めて自分の手で作り出す成果であり、非常にやりがいが有ります。もちろん、最初の頃は分からない事だらけですが、同じ苦労を味わった研究室の先輩メンバーがサポートします。また、研究テーマの大枠は研究室の方針等によって決まりますが、研究の過程で課題にぶつかる事は良くあります。その様な時に、何日も試行錯誤して困難を突破出来た時の経験や喜びは、他では得られない物です。

 

上で述べた困難な問題解決に対応する能力を身に付けた物工生は、企業からのニーズも強いです。過去の物工生の就職状況は東大内で比べても極めて良好です。この背景には、学生自身を強く育てるシステムと共に、伝統的に物工で培ってきた就職支援システムが有ります。こういった人材サポートがあるからこそ、学部、修士の間に、研究に専念する事ができます。

 

物工に来て良かったこと

物理工学科で過ごしていると、自然と意識、モチベーションが高くなります。また、学年毎の学生の繋がりはかなり強固で、3,4年の間は授業の課題を相談し、五月祭等のイベントをこなしていきます。修士、博士に入ってからも、自主輪講や情報交換、研究テーマの相談などで繋がっていきます。こういった仲間達との繋がりは将来の大きな財産になります。実際の所、物工の強力な就職支援制度は、こういった学生・OB/OGの繋がりで成り立っています。

 

また、物理工学科で最も良いと私が考えるのは、将来の心配をせずに、今に集中できる事です。近年、物理工学科は博士課程進学希望者に対する支援制度を拡充しており、いくつかの条件を満たせば、修士のうちから毎月20万円程度を給付する制度等が実施されています。この制度は決して一部の学生だけではなく、博士課程進学予定の大半の学生が利用します。就職希望者も、先に述べたように、強力な就職支援が受けられるので、研究に専念出来ます。

 

進路を考えている(迷っている)新2年生へのメッセージ

ちょっとでも、物理工学科の研究テーマや物理が面白そうだなと思ったら、もう物理工学科を目指しましょう!就職するにしても、学術界に残るにしても、物理工学科なら将来に困る事は有りません。物理を極めて科学に貢献したい人、産業や社会に貢献したい人、物理工学科に来ましょう。どっちの道も目指せます。最近の周囲の就職の話等を聞いて、あまりの過酷さに辟易していませんか?無味乾燥な入社面接対策では無く、もっとやりがいのある事に貴重な学生時代を使いたいと思いませんか?物理工学科でなら、充実の学生生活を経て、社会に必要とされる人材となる事ができます。

 

» バックナンバーはこちら

 

Pick up!!
物理工学科はこんなところ
研究紹介
物工生の一週間
3年生座談会
先輩たちの研究活動
卒業生からのメッセージ
カリキュラム
駒場生へ 沙川准教授からのメッセージ
駒場での講義
卒業生の進路
大学院の紹介
物理工学科の歴史
内部学生のページ

 
 

 

進学ガイダンスブック

↑ ページトップ