卒業生からのメッセージ

Pick up!!

物理工学科はこんなところ

沙川准教授からのメッセージ

物工生の一週間

3年生座談会

先輩たちの研究活動

卒業生からのメッセージ

研究紹介

カリキュラム

駒場での講義

卒業生の進路

大学院の紹介

物理工学科の歴史

進学ガイダンスブック

内部学生のページ

杉原 裕規

[ 工学系研究科物理工学専攻 修士2年 ]

学生目線で見た物理工学科の特徴

まず、物理工学科の特徴として挙げられるのが、その充実したカリキュラムです。進学したての3年生時には、量子力学を始めとして、統計力学、電磁気学、固体物理学と物理学に必須な広い領域の内容を本当に基礎の基礎から学ぶことが出来ます。これらの講義は、現在も世界の第一線で活躍されている先生方から物理の基礎を教え込まれ、講義の疑問もすぐに質問することができるという、物理学を学ぶにはこれ以上ない環境だと思います。また、講義に付随した演習や、実験の時間も豊富に設けられており、この先物理学を修めていくための盤石な基盤作りをしっかりとサポートしてもらえます。

 

また、物理工学科の卒業研究も非常に特徴的だと思います。4年生に進級すると、それぞれが実験系の研究室に配属され、世界レベルで最先端を走っている研究室で、その研究を間近で見ながら卒業研究を行うことになります。学生が行う研究のテーマも、もちろん各研究室で行われている最先端のものです。最初は右も左も分からない状態で不安もありますが、周りの方々も全力で支援してくれ、卒業論文にまとめるころには先生や先輩と議論できるまでになります。物理工学科は、このように4年生の早い段階から研究者としての第一歩を歩み始めることができる所だと思います。

 

物工に来て良かったこと

物理工学科は他の学科と比べて、学生同士の繋がりが強いと感じます。演習で課される課題に相談しながら取り組んだり、実験は多くの場合数人グループで協力して行います。各研究室に配属になった後も、しばしば集まって情報交換をしたり、時には議論を交わしたりすることもあります。また、五月祭に全力で取り組むというのも、物理工学科の一つの特徴です。毎年学生が中心となって最先端のテーマを設定し、先生方や先輩の協力を得ながら取り組むというのが恒例となっています。このように、同じ志を持ち、長く付き合える仲間を多く得られることは物理工学科の大きな魅力の一つです。

 

また卒業後の進路についての心配が他学科に比べて少ないのも、物理工学科の特徴だと思います。学部を卒業した学生の大多数は修士課程に進学します。そして修士課程を終えると、就職か博士課程への進学かを選択することになります。世間では就職難だという話を良く聞きますが、物理工学科では毎年多くの企業から求人があり、学校推薦という形で多くの人が就職を決めていきます。就職先も電機、自動車、IT系、化学系等多岐に渡ります。また、それらの企業には多くの物理工学科OBが在籍しており、脈々と受け継がれる強力なコネクションがあります。一方で、博士課程への進学も学校単位でサポートされており、金銭的な支援も少なからずあります。そういった意味で、就職と進学の選択に余計な心配をしなくても良いというのは大きな利点だと思います。

 

進路を考えている(迷っている)新2年生へのメッセージ

物理学に興味がある学生が最も悩むのは、理学部物理学科と工学部物理工学科の選択だろうと思います。私もその一人でしたが、最終的な決め手となったのは、物理工学科はやはり「工学部」である、ということでした。物理工学科では前述したように、物理学の広い領域を基礎の基礎から学ぶことが出来ます。それと同時に、半導体や量子情報などの応用的な講義であったり、OBとの強い繋がりを利用して、企業に就職した先輩方の話を聞くことができる講義がある等、学問としての物理学に留まらない、工学部としての側面も持っています。こういった視野の広さ、柔軟さが理学部物理学科との大きな違いだと思います。

 

物理工学科は、純粋に物理学の面白さに惹かれた人はもちろん、現代の産業界に貢献したいと考えている人も、それぞれの志を達成するために最高の環境であると自信をもっておすすめします!

 

↑ ページトップ

 
 

井戸 立身

[(株)日立製作所中央研究所 ]

私は、1989年に物理工学科を卒業、修士課程を修了以来、電機メーカの研究者として通信エレクトロニクス関係の研究開発をしています。OBとしてあるいは企業の研究者、研究マネージャとして、外から見た物理工学科の魅力と期待について述べたいと思います。

 

企業で研究開発をして新製品を作っていくためには、予想以上に幅広い知識や技術が必要です。例えば、身近な例として自動車を開発する場合を考えますと、従来は機械の知識が中心で開発出来ていたものが、今はエレクトロニクス化が進み、あるいは環境対応のために電池を用いたハイブリッド/電気自動車が開発されており、電気、電子、ソフトウエア、あるいは化学や材料の知識が必要になっています。すなわち、企業で競争力ある新製品を開発していくためには、今後益々、幅広い分野の新技術開発に挑戦し、製品に積極的に取り入れて、より魅力的な製品を作っていく必要があります。このような時代に、理系の学生の皆さんに是非取組んで頂きたいことは、基礎的な力をきちっと身につけておくことと、どんな分野の課題でも、基礎や原理原則に立ち返って考えて、応用できる力をきちっと身につけておくことだと思います。この観点から、物理工学科は「物事の道理や原理をしっかり理解すること(物理)」、「学問を生かして新しい技術や製品を発明すること(工学)」の2つの目標を持った素晴らしい学科だと思います。

 

私の物理工学科学部生の記憶は、20年以上前に遡りますが、主なものとして以下の3つが有ります。一つめは、学部2、3年生のときに受けた電磁気学、熱力学、量子力学、半導体などの物理の授業です。特に量子力学や半導体物性などは、当時は斬新かつ哲学的に思えて、大変理解に苦しみながら取組んだ記憶があります。今やその一部は、当たり前の知識として日常の仕事に使っているのですから、不思議なものです。2つめは、3年生になって、工学部6号館の最上階で行った一連の応用物理実験です。油の中でモノを動かして粘性を評価したり、レンガを暖めたり冷やしたりして熱伝導の実験をしたり、当時は極めて珍しかったマッキントッシュのコンピュータを使って測定やシミュレーションなどをしました。時にはデータがうまく取れずに実験は難航しましたが、教科書に載っている法則を、この手と眼で実験して確認できるのは本当に楽しいものでした。最後は、やはり学部4年生の研究室生活、卒業論文です。当時は、酸化物超伝導の世界的なブームの余韻が残る中で、私も同期3名と研究室で次々と酸化物の試料を合成しては評価を行い、とにかく世界最初の成果や発見をするのだとの熱い思いで、時には研究室のベッドに泊り込んで実験しました。学部4年の時に同期の一人が新しいタイプの超伝導体を発見した際には、研究室全体で盛り上がり、一丸となって試料を合成しデータをとりました。先生がNatureに投稿して掲載された時には、自分も世界の最前線に立っているのだと実感しました。また、何故超伝導になるのかよく分からない状況で研究を行うことで、よく考えて仮説を立てて自分を動機付けし、モノづくりと実験をして検証を行い、駄目なら成功するまでもう一度よく考え直すという研究の基本ルーチンを身に着けることが出来ました。この研究ルーチンは企業の研究開発でも同じです。さらに、最近はシミュレーションやソフトウエア中心で実験をしない研究室が増えていると思いますが、物理工学科の学部生は必ず実験系の研究室に所属することになっており、実験という実体験を通じて得られる知識や手法、感性、直感は、その後の日常生活から研究、さらに研究マネジメントまで非常に役立つと思います。

 

最後に物理工学科への進学を考えている皆さんへのメッセージです。物理工学科は、今後、皆さんがどんな技術、研究分野、あるいは大学、企業に進もうとも、研究や開発に必要な基礎力と応用力を身につけることが出来る素晴らしい学科であり、私は自信を持って進学をお勧めします。皆さんが、物理工学科に進学して諸先輩方と同様に様々な分野と立場で活躍されることを期待します。

 

» バックナンバーはこちら

 

Pick up!!
物理工学科はこんなところ
研究紹介
物工生の一週間
3年生座談会
先輩たちの研究活動
卒業生からのメッセージ
カリキュラム
駒場生へ 沙川准教授からのメッセージ
駒場での講義
卒業生の進路
大学院の紹介
物理工学科の歴史
内部学生のページ

 
 

 

進学ガイダンスブック

↑ ページトップ