卒業生からのメッセージ

pickup!!

物理工学科はこんなところ

沙川准教授からのメッセージ

物工生の一週間

3年生座談会

先輩たちの研究活動

卒業生からのメッセージ

研究紹介

カリキュラム

駒場での講義

卒業生の進路

大学院の紹介

物理工学科の歴史

進学ガイダンスブック

内部学生のページ

渡邊 竜太さん

渡邊 竜太

[ 大学院工学系研究科 物理工学専攻 十倉研究室 修士課程2年 ]

 

学生目線で見た物理工学科の特徴

まずは私自身のバックグラウンドを紹介します。私は皆さんのように1年生から大学に入学したのではなく、高専から物理工学科の3年生に編入しました。そのため、この進学ガイダンスブックを手にしている皆さんとは若干視点が異なるかもしれませんが、実際に進学してから印象的だったことをご紹介します。

 

科目のほとんどが基礎科目

物理工学科のカリキュラムを見ると、「電磁気学」「量子力学」「統計力学」などの科目が並び、「工学部」という割にはほとんどが物理の基礎科目から構成されています。私も「今学んでいることが、どのように研究につながっていくのだろう・・・」と期待(と不安)を膨らませながら講義を受けていました。その答えがわかるのは4年生になってからです。今振り返ってみると、基礎科目を固める期間があったからこそ、現在の研究活動に励むことができるのだと実感します。

 

学生実験は少なめ

実は3年生までの期間の学生実験はそれほど多くはありません。正直なところ学部3年生までは、「こんなに実験が少なくて大丈夫なのか?」と疑問を抱いていました。皆さんの中にも、これでは物足りないと思う人もいるかもしれません。しかし、4年生になれば卒業研究が待っているのでご安心ください。

 

物理工学科に来て良かったこと

研究の最前線に関われる

どのような分野でも言えることですが、研究の最前線に関わることができるのは、何にも代えがたい経験だと思います。もちろん「研究」自体は、大学や研究機関、民間企業など様々な環境で、広い分野・視点で行われています。しかしどのような分野であれ、一流の研究者の方々と共に最前線の研究に関わることができる機会はそう簡単に得られるものではありません。物理工学科でできる研究というのは、そんな貴重な機会なわけです。皆さんがどのような進路を選ぶとしても、この経験は必ず生きると思います。

 

伝える力の重要さを実感

物理工学科で行われている研究のほとんどは基礎研究と言われる研究です。しかも、その内容は難解ですぐに理解できるようなものではありません。このため他分野の研究と比較して、研究内容やその価値を他人に伝えることには大変苦労します。私も研究を発表する機会がありますが、細部まで正確に伝えることはとても難しいと実感します。しかし、そのような経験を繰り返すことで、少しずつ伝える力をつけることができています。どのような場でも人に伝える力は重要で、日々の研究を通してその力を鍛えることができるのは物理工学科の魅力だと思います。

 

進路を考えている新2年生へのメッセージ

多くの選択肢の中から進学先を決めるというのは、人生の1つの分岐点だと思います。私は中学校を出てすぐに自分の専門分野を絞ってきた人間なので、皆さんのように多くの選択肢を持った状況を大変羨ましく思えます。しかし、同時に大変悩ましいものでもあるのでしょう。進学先を決めるポイントは人それぞれだと思いますが、自分の選んだ進路に自信を持って進んで欲しいなと思います。進路が決まった段階では、選んだ道が正解だったかはわかりません。選んだ進路に後悔のないように最善を尽くすことこそが大切だと思います。皆さんのように実力があれば、どのような進路であっても、その環境でしか得られない多くのことを学ぶことができるはずです。もしその中で、物理工学科を選んで頂けるとすればとても喜ばしいことですし、皆さんの期待に相応しい学びの場であると思います。

 

 
 

西片 一昭さん

西片 一昭

[ 工学博士 古河電気工業株式会社 研究開発本部 企画部 部長(1987年卒、1992年博士修了) ]

 

物工はどんな人を選ぶか?

このガイダンスブックを手に取った人は物理工学に興味を持っていますね。この本には物工はこんなすごい学科だよー、勉強は大変だけど楽しく生活できるよー、だから物工を選んでくださいって、書いてあることと思います。僕は逆に、物工はどんな学生を選びたいか、って考えてみました。物工に来るべき人は、ずばり、「リーダになりたい人」だと思います。学術界でも産業界でも官公庁でもリーダになれる人、そういう人を育成するのが物工の使命ではないかと思います。
皆さんは、たぶん、物理が好きで、でも理学部だと専門的過ぎるし、偏り過ぎる。工学部で広くバランス良く専門性を付けたいなという人が多いのではないかと思います。私は、博士課程まで物工にお世話になりましたが、そのまま大学に残ろうとは最初から思っていなくて、「広い専門性を武器にして民間企業のリーダになりたい」って気持ちでした。博士はあくまで専門性のツールでしかなかった。高い専門性を極めた学術界でのリーダ、これもあり。広い視野で産業界でのリーダ。これもあり。物工はリーダシップを考えている人を選びます。

 

物工で基礎を作る意味

物工のカリキュラムを見ると驚きませんでしたか? 基礎数学に基礎物理学、それだけで半分以上ある。いまさら基礎? 昨年秋に紫綬褒章を取られた古澤明教授を始め紫綬褒章を取られた現役の先生が4名もいる名門学科なのに、基礎ばかりなんて。。。 でも実は長い目で見るとそれが大切と共感しています。
(株)東京商工リサーチが発表している上場企業の平均年齢をみると、おおよそ40歳となっています。つまり、皆さんが社会に出て就職してもその企業が定年まであるかどうかは分からない。産業でも企業でも栄枯盛衰というのは結構激しい。最近では産業構造の変化(Industry4.0やSociety5.0)が産業・技術の進化を早めているので、栄枯盛衰はますます早くなっています。またどんな優秀な企業でも壁にぶつかったり経営が失敗したりして困難に陥ることがあり得ます。私が古河電工(株)に入社した1992年ではトヨタに就職すると言うのは失敗を意味していて、成功といわれたのは、NTT、IBM、東芝、シャープなどの通信・電子産業の企業でした。現在では、トヨタが一番で、他は二番か、ずっと下になっていますね。企業というのは長くは続かないのです。
また技術の変遷も激しい。半導体、通信システム、デジタル家電、スマホ、自動運転、とどんどん変わっていきます。3年前にはAIは一部の専門家だけが取り組んでいた技術でしたが、今では一般の人でも注目している最重要の技術となっています。
こういう動きが速い世界にきちんと対応する王道は、やっぱり基礎をきちんとやっておくこと。これに尽きます。物工の先生はそれを知っている。だから基礎数学、基礎物理にこだわるのです。物工を選んで、物工を卒業できれば、あなたは、これからますます速くなる環境変化に対応できる真の学力を持つことができます。

 

古河電工には物工からの卒業生が約100人働いています。一時に多くを採用するのでなくて、毎年一人、二人と入社していて、それが40年続いている。古河電工の研究開発の中で一大勢力。技術の系譜を作っていると自負しています。たとえば、AI応用開発は企業にいる人間にとって、ちょっと取り掛かりにくい敷居を感じるテーマなのですが、物工卒業生なら、大丈夫。広い興味としっかりした基礎の理解があるのであっという間にキャッチアップできます。実際、AI応用開発課の課長は卒業生ですし、AIを応用した生産プロセスの効率化も卒業生がやっています。

 

リーダーシップを考えるために

リーダとなるためには、自分のビジョンをもつことが大切です。ご自身は覚えていないかもしれませんが、東大総長の五神先生が若いときに「ノーベル賞級の研究はできる。研究だけでなく教育もできる東大にしていきたい。」と言われていました。この言葉が総長就任の原動力ではないかと私は思っています。自分のビジョンと、それと現実との乖離を認識することで、毎日の勉強が出来る。その先にリーダシップがあるものと思います。
参考図書として二つあげておきます。
スティーブン・R・コヴィー 7つの習慣 人格主義の回復(キングベアー出版)ジム・コリンズ ビジョナリーカンパニー④ 自分の意思で偉大になる(日経BP)みなさんの人生はこれからです。楽しみながら頑張ってください。

 

» バックナンバーはこちら

↑ ページトップ