卒業生からのメッセージ

物理工学科はこんなところ

沙川准教授からのメッセージ

物工生の一週間

3年生座談会

先輩たちの研究活動

卒業生からのメッセージ

研究紹介

カリキュラム

駒場での講義

卒業生の進路

大学院の紹介

物理工学科の歴史

進学ガイダンスブック

内部学生のページ

恩河 大

[ 大学院工学系研究科物理工学専攻 修士課程2年 ]

学生目線で見た物理工学科の特徴

物理工学科がどのように学生を育てようとしているのか、それはカリキュラムから読み取ることが出来ます。2年3年次のカリキュラムは4年生の春から世界最先端の研究にスムーズに入っていけるようにするためのものです。量子力学・統計力学・固体物理学・光学・量子情報などの分野を、時に手取り足取り、時にスパルタ(?)に教わることになります。無論これら学問自体とても興味深いものですが、一方で課されるレポートの多さにも驚かされるでしょう。これは物理工学科の面倒見のよさを示すもので、学生からすればありがた迷惑に感じるでしょうが、否が応でも地力が付くのは確かです。

 

そうして4年生になると卒業研究や理論輪講を通じて、世界最先端の研究の世界に飛び込んでいくことになります。これもまた物理工学科最大の特徴で、学部4年から研究に時間をかけて真剣に取り組むシステムにより、学生は勉強を習う「生徒」から自ら探求する「研究者」へと自然とステップアップすることになります。他の学部学科・他の大学と比べても、この卒業研究への力の入れようは際立ったものでしょう。そのためか、物工の大学院博士課程への進学率は高くなっていますし、そのための金銭的援助も少なからず存在します。

 

では物理工学科は研究者養成コースなのかと言うとそうとも限りません。それは多くの物工出身の先輩方が企業において、開発・経営の各分野で活躍している様子からよく分かると思います。物理系でありながら就職に強い、というのも産業界における物理工学科の認知度を物語っていると考えられます。こうした研究活動にとどまらない社会における存在感というのも、物工の特徴の一つであると言えるでしょう。

 

物工に来て感じたこと

物工に入って身をもって感じたことは、その環境の素晴らしさです。まず先生方との距離が近いことに驚かされます。座学に加え実験・輪読・昼食会など様々な場面で、先生方が如何に我々に対し興味津々であるかを感じとることが出来ます。これは4年生になると顕著で、先生方の教育熱心さと研究熱心さを更に身近に痛感することになります。世界のトップを走る先生方とこれだけ密接な交流を持てることは、今も私の励みになっています。

 

更に大学院に進んでからは、「学生が主役」である物工の空気を強く感じることになりました。各研究室の研究成果を調べると、学生が筆頭著者の論文や学会発表が多く並んでいることが分かると思います。これは物工において学生は職員の部下としてではなく、自身が主役となって活動することが求められている、その空気の表れです。私自身いざ大学院に入ると気が引き締まると同時に、研究活動に対し大きなやりがいを感じるようになりました。こういった素晴らしい環境が整っているのも物工の大きな特徴でしょう。

 

進路を考えている(迷っている)新2年生へのメッセージ

物工を進路に考える際に、他の物理系の学科と悩んでいる人は多いと思います。物工にはいわゆる素粒子・原子核系の研究室はありません。しかしそれ以外の物理と名の付く分野に関しては日本最高、世界でもトップクラスの研究環境が整っていると思います。理論・実験を問わず研究の中で研鑽を積みたい人、応用よりの物理に興味がある人にはうってつけの学科だと思いますよ。一方で工学系の他学科と悩む人もいるでしょう。物工はそれらモノ作り学科の中では最も基礎的な分野に位置します。実際、物工での研究は即製品化されるようなものではなく、10年後50年後の世の中をもっとおもしろくすることを目指したものです。そういった基礎研究に興味がある人は是非物工に進学してみてください、間違いなく楽しめるはずです。
物工に進学した皆さんが、我々の社会をもっと楽しくする、そんな発見をたくさんなさることを心から楽しみにしています。

 

↑ ページトップ

 
 

山下 昌哉

[ 1977年卒 旭化成株式会社 旭化成グループフェロー 研究・開発本部 融合ソリューション研究所 所長 ]

そもそも東大理Iを選んだ理由は、興味の幅が広くて受験時に専攻学科を絞れなかったからです。学部2年になって、いろんな事に興味がある事は良いことだと思い直し、どの分野にも通じる基礎学問として物理にしようと思い始めましたが、ガイダンスで、ある教授の言葉に大変心を動かされ、物理工学科に進学しました。
『工学とは、人の命を担う学問である。過去から未来へ続く悠久の時間の中で、人々の生活を直接支え、人類生存という課題を与えられているのが工学なのだ。』
この説明を聴いた時に、私は目の前のベールが大きく開かれていくような気がして、理学部ではなく工学部を選択しました。もちろんその決断が、その後私の人生を大きく開く転機となったことは言うまでもありません。

 

物理工学科の教育は、物理から計測、回路、材料など極めて幅広い分野に渡るところが特徴でした。工学いや科学全般を支える物理の本質的理解が、応用という視点で身に付く教育だったと感じます。それは興味の対象を絞る専門化ではなく、むしろ拡大して様々な領域を融合するダイナミックな技術思考を培ってくれました。
工学博士号をいただいて旭化成に就職をする際、私が自ら望んで始めたのは、当時未だ技術の黎明期にあったMRI(磁気共鳴断層像撮影装置)の開発でした。自分の専門分野に留まらず、まさに命を担う技術の集大成でもある医療機器開発の道に進んだのです。
その後、世界最大の医療機器メーカーであるSiemensと合弁を組むまでになり、世界市場を相手にする開発と製造・販売を行いました。入社から10年という月日が流れ、MRIは世界で数台の黎明期から数万台が稼働する普及期に至りましたが、技術進歩の著しい発展期を世界最先端の職場で、豊富な資金力を得て開発に従事できたことは、技術者として大変幸運だったと思います。

 

ちょうどその頃、旭化成で基本特許技術が生まれたLIB(リチウムイオン二次電池)を実用化するために、東芝と合弁を組むことになり、その技術開発サポートを行う電池開発研究所が設立されたので異動をしました。
電池の開発は、正負極・電解液の材料化学・電気化学から、電極の塗布・加工や電池の組立を行う機械・制御のエンジニアリング、更に安全性を担保する半導体電子回路まで、広い領域の理解を必要としますが、そこでも直ぐに活躍できたのは、多様な技術領域を横断的に理解する教育をしてくれた物理工学科の御蔭でしょう。
LIB開発に8年間従事し、自分が発明した特許構造の電池を量産する最新鋭工場が稼働するのを見て、LIBの発展期が過ぎて普及期に至ったことを実感したのです。

 

次のテーマに私が選んだのは、地磁気測定で方位角を知る電子コンパスの開発です。単に3軸の磁気センサと信号増幅LSIを一体化したハードウエアでは無く、その出力をデジタル化して情報処理をするソフトウエアまで含むソリューション開発を目指すことにしました。
電子コンパスは、携帯機器の内部でスピーカー磁石や磁性体から地磁気より大きい漏洩磁気を受けます。そのオフセット調整を、ユーザーの自然な動作だけで自動的かつ継続的に行う発明をして、製品と共にソフトウエアライブラリの形でライセンス提供したのです。それは、電子部品業界に全く新しいビジネスモデルを産み出し、Smart Phone普及と共に全世界へと広がりました。その結果、世界一のシェアと数百億円の事業規模に成長したことで、恩賜発明賞と紫綬褒章もいただきました。

 

振り返ってみると、MRI、LIB、電子コンパスと全く異なる領域に従事し、技術開発が一番面白い時期を経験したことは、まるで3人分の技術者人生を歩んだような気さえします。しかも私が開発に携わった全ての技術が今や世界中に普及し、人々の生活を支え、命を担う製品になったなんて、技術者としては望外の喜びでしょう。
そんな幸運が得られたのは、進学振り分けで感動した言葉が私を導いてくれたからだと思います。物理工学と計数工学が融合した応用物理学という教育環境で学び、1つの専門領域に拘らず、常に視野を広く保って様々な技術領域を俯瞰してきたことが成功を引き寄せたので、私は今も更に新しい技術開発に挑戦しているのです。

 

» バックナンバーはこちら

 

物理工学科はこんなところ
研究紹介
物工生の一週間
3年生座談会
先輩たちの研究活動
卒業生からのメッセージ
カリキュラム
駒場生へ 沙川准教授からのメッセージ
駒場での講義
卒業生の進路
大学院の紹介
物理工学科の歴史

 

進学ガイダンスブック

 

内部学生のページ

↑ ページトップ