物理工学科の実験科目

Pick up!!

物理工学科はこんなところ

沙川准教授からのメッセージ

物工生の一週間

3年生座談会

先輩たちの研究活動

卒業生からのメッセージ

研究紹介

カリキュラム

駒場での講義

卒業生の進路

大学院の紹介

物理工学科の歴史

進学ガイダンスブック

内部学生のページ

3 年次に実施する物理工学科の実験では、毎回基礎的なテーマに基づいた設問が出され、様々な実験器具を駆使してその解決を目指していきます。
単にその問題を解くだけでなく、設問を通じて何が問いかけられているのか、その意味を掴むことも目的とします。
そのため、これまでの授業で得た知識だけでは解けない問題も敢えて出題されます。
自分で理論を探究し実験を行い、理論と実験が目の 前で合致する面白さを味わってください。物理工学科は伝統的に実験実技を重視してきています。

 

物理工学実験法(S1、S2 ターム)

物理工学実験法で扱われる実験は、初めから解決方法を示されているとは限りません。

 

先ず、与えられた「課題」をどう解決すればいいのかを自分で考え、調べることで自身の疑問として向き合うことから始まります。

 

実験テーマは、以下の8 テーマです。

 

A1 振動 - 機械的振動
A2 振動 - 電気的振動
B1 波動 - 光波
B2 波動 - X 線
C1 物質の性質 - 半導体
C2 物質の性質 - 強磁性体
D1 安定性とゆらぎ - フィードバック
D2 安定性とゆらぎ - 雑音

 

  • 光波
    光波
    レーザ光の干渉・回折を出発点として、2次元開口部パターンのフーリエ変換像を得ることを体験します。
    予想と結果を常に比較し、一見不思議なことのように思えるものを大切にする姿勢は、未来に挑む学生にとって欠かせません。
  • 機械的振動
    機械的振動
    回転振動系をトルクモータ、回転変位計によって制御計測します。
    大掛かりな装置も極めて緻密な調整なしでは動作しません。実験は準備段階から始まっているということを認識してもらいます。
  • フィードバック
    フィードバック
    電気回路を各自でハンダ付けして作製します。
    一見、電気の実験のようですが、安定な平衡・不安定な平衡、相転移など、身近な自然現象と結びつけて理解してもらうテーマです。
  •  

 
 

物理工学実験第一(A1、A2 ターム)

《2016 年度 物理工学実験第一課題表》

 

《テーマ実験1》(1 課題/ 1 週)ー 本郷 ー

1 X線回折1 樽茶・長谷川・富重・千葉・松尾・荒井・小山
2 X線回折2
3 熱雑音

 

《コース実験1》(1 課題/ 3 週)ー 本郷 ー

4 原子分光 高野・香取
5 光学共振器 吉川・古澤
6 熱電変換材料 高橋・石渡
7 高温超伝導 卞・為ヶ井
8 半導体デバイスと有機電界効果トランジスタ 井手上・岩佐
9 酸化物薄膜作製技術と光・電気物性 打田・川﨑
10 光電子分光 下志万・石坂

 

《コース実験2》(1 課題/ 3 週)ー 柏 ー

11-A 光ポンプーテラヘルツプロープ分光 宮本・岡本
11-B 非線形光学効果を利用したテラヘルツ電磁波発生 貴田・岡本
12 回折現象の基礎 篠原・雨宮
13 偏光 阿部・徳永・有馬
14 量子トンネル効果 水上・芝内
15 電子回折による表面構造分析 塩足・杉本

 

《プログラム演習》(3 週)

16 プログラム演習

 

 

Pick up!!
物理工学科はこんなところ
研究紹介
物工生の一週間
3年生座談会
先輩たちの研究活動
卒業生からのメッセージ
カリキュラム
駒場生へ 沙川准教授からのメッセージ
駒場での講義
卒業生の進路
大学院の紹介
物理工学科の歴史
内部学生のページ

 
 

 

進学ガイダンスブック

↑ ページトップ