東京大学工学部物理工学科・大学院工学系研究科物理工学専攻

menu

カリキュラム

カリキュラム:6本の柱

物理工学科が目指す「既存の物理学や工学の枠にとらわれない新しい学問領域や産業を開拓する事」を実現するため、物理工学科に進学した皆さんは2年生後半から卒業までの間、以下のカリキュラムに沿って学びます。

「物理学そのものを極めたい!」「応用を積極的に目指したい!」、物理工学科ではどちらも思う存分チャレンジできます。
異なる視野を持つ一方で物理学という学問を共に楽しめる仲間が出会い、これらのカリキュラムを通して相互作用する事で、既存の物理学や工学の枠にとらわれない新しい学問や産業を開拓する気運が生まれると考えています。

物理工学に配置された皆さんは、2年の後期と3年の1年半をかけて、数学と物理をみっちり学びます。
2年の後期は基礎固めです。偏微分方程式の形にきれいにまとめられている物理学の基本法則を理解するための数学を学びます。
物理学は、電磁気学、熱力学の再整理をしながら、量子力学と統計物理学の学習を始めます。

3年、4年では、多体系の量子論、量子統計物理、固体の物性を量子力学によって理解する固体物理学、光学、流体力学と、弾性体物理学、レーザーや非線形光学などの量子エレクトロニクス、量子情報物理を学びます。

物理学の新しい課題として、見逃せないのが生命科学への応用。それを意識して、多数の自由度が階層をもって強く絡まり合う系を扱うソフトマターの物理、さらに生物物理学の講義を用意しています。
物理工学科では、計数工学科で開講されている計算機科学、情報理論、数理工学など量子情報技術の基礎としても重要な講義の相乗りを行っています。これらの講義と平行して、実験と演習があります。
演習では問題を実際に解く訓練をします。3年前期の応用物理実験で物理実験の基礎技法を学び、3年後期の月曜日は3回で一つのテーマに取り組むプロジェクト方式の実験を各研究室の先端的な設備を使って行います。
4年になると各研究室に配属されます。一人または二人でペアを組んで一年間卒業研究に取り組み、その結果を卒業論文(卒論)にまとめて全教員と学生の前で発表します。卒論の課題は、それぞれの研究室で現在世界を相手に行われている最先端の研究である。卒論では新しい野心的な研究テーマが与えられる事が多く、これまでにも世界的な研究が多数出ています。

カリキュラム:6本の柱
カリキュラム:流れ図