東京大学工学部物理工学科・大学院工学系研究科物理工学専攻

menu

物理工学科について

世界を塗り替える力があるとしたら、
物理工学には、それがあります。

ニュートンやアインシュタインの例を出すまでもなく、たったひとつの知恵が世界を塗り替えてしまう歴史を私たち人類は何度も経験してきました。
多くの物理学者たちが森羅万象にまなざしを注いできたおかげで、20世紀のうちに物理学の基本ルールはほぼ確立したといえます。

でも私たちは未だ、ゲームのルールを知っただけ。
21世紀に生きる私たちは、自然界というルールの上で定石を見いだし、それを駆使する達人になろうとしているのです。

私たちが追い求めているのは、流行りの技術や5年後に色褪せてしまう発見ではありません。深遠な物理から立ち上がってくるたくさんの可能性の種が、物理工学の世界には眠っています。物理工学科は、世界になかった新しい物理を生み出す現場なのです。

世界中が社会的閉塞感や限界を感じている現代、自然界の成り立ちを根本から説明し直し、その上で革新的な価値を創造する物理工学的思考は、人類に最も待望される考え方に他なりません。
その研究はやがて、想像を超えた未来に私たちを連れていくことになるでしょう。